読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーツケースの暗証番号を忘れた! 短時間で鍵を解除する方法とは?

スーツケース(トランク)のダイヤルロックの暗証番号を忘れてしまったり、カギをなくしてしまって困っていませんか? 確実に解除する方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

スーツケース ダイヤルロックの暗証番号を忘れて開かない 解除するには?

大事なスーツケースの暗証番号を忘れてしまったり、
鍵をなくして困っていませんか?

出張や旅行に行こうとした場合に、
スーツケースが開かないとなると
本当にまいってしまいますよね。

もし、お急ぎの場合は、
鍵の救急サポートセンター に問い合わせてみてください。

開かないスーツケースも
カギのプロが対応してくれます。

f:id:suitcase-akanai:20150618180046j:plain



それでは、自力で開けるにはどうすればいいかを紹介していきますね。



記念日や電話番号で試してみる


スーツケースには、
リモワ、サムソナイト、プロテカなど
たくさんのブランドがありますよね。

カギの種類も、ダイヤルロックや南京錠、
TSAロックが付いたものなど
様々なタイプがあります。

ダイヤル式のタイプで暗証番号を忘れてしまった場合は、
ひとまず、思い当たる番号を試してみますよね。

「誕生日だったかな?」
「結婚記念日かな?」
「それとも電話番号?」
「いや、車のナンバーか?」

など、思い当たる番号を片っ端から試してみましょう。

それでも、うまくいかない場合は、
1つ1つ番号を合わせてみるしかなくなってしまいます・・・・・・



1つ1つ番号を試してみる


途方もない作業ですが、
自力で開けようとした場合、
最終的には、1つ1つ暗証番号を合わせていくしかありません。

ダイヤル番号が3桁の場合、
1000通りもの数字を試さないといけません。

もし4桁の場合は1万通りです。

考えるだけで嫌になってしまいますよね(^^;)

また、合わせ方が甘いと、
正しい数字を合わせてもロックが外れないことがあるので、
ゆっくり慎重に行う必要があります。

万が一、この作業がムダになってしまったらと思うとゾッとしますね(^^;)

それに、とてつもなく疲れますし、
貴重な時間も無駄になってしまいます。

そのため、自力で解決することが難しそうな場合は、
はじめに紹介したカギ開けのプロに
お願いするのが確実だと思います。



鍵の救急サポートセンター


鍵の救急サポートセンターなら、
暗証番号を忘れてしまったり、
鍵をなくしてしまったスーツケースでも
開けてもらうことが可能です。

電話ですぐに問い合わせることができるので、
緊急の場合でも安心ですよ。

作業を行う前に明確な見積もりを出してもらえます。

見積もりは無料なので、

「やっぱり料金が高いから」

などの理由でも、キャンセルすることができます。

これなら、リスクがないので、
手軽に問い合わせることができますよね。

また、公益社団法人日本防犯設備協会の認定資格である
防犯設備士の資格を取得した人が担当してくれるので、
技術的にも安心です。

「スーツケースが開かなくて困っている」

という場合は、よかったら、
詳細をチェックしてみてくださいね。

スーツケース ハードとソフトの選び方

スーツケースには、
ハードケースとソフトケースがありますよね。

初めて購入するという場合は、
どちらを選べばいいのか迷ってしまうこともあると思います。

そこで、ハードケースとソフトケースの
メリット・デメリットをまとめてみました。


<ハードケース>

◆ メリット

 強度、耐久性、防水性に優れている
 セキュリティ面でも安心

◆ デメリット

 強固な分、重い
 価格が高め


<ソフトケース>

◆ メリット

 軽い
 荷物を詰めやすい
 価格がリーズナブル

◆ デメリット

 強度、耐久性、防水性は今ひとつ



どちらのスーツケースも
いい点、悪い点があるので、
最終的には好みで決めてしまってもいいかもしれません。

扱いやすいのはソフトケースなので、
初めての場合で、とくにこだわりがなければ
ソフトケースがいいかもしれませんね。

スーツケースのTSAロック

スーツケースには、TSAロックと呼ばれる
ロックが付いたものもあります。

これは、アメリカ運輸保安局が認可したものです。

通常、アメリカに行こうとした場合、
スーツケースの鍵は開けたまま
荷物を預けなければいけません。

これは安全上やむを得ないことではあるんですが、
搭乗する立場からすると、
あまり気持ちのいいものではないですよね。

そこで、登場したのがTSAロックです。

このTSAロックは、鍵をかけたまま
荷物を預けてもOKとなるロックなんですね。

検査員はTSAロックのマスターキーを持っていて、
異常があれば、鍵を開けることが許されています。

TSAロックでない場合、鍵をかけたままにしておくと、
最悪ロックを破壊されたりしてしまいます。

そういった事態を防ぐこともできるので、
アメリカに旅行に行く際は、
TSAロック搭載のスーツケースを選んだ方がいいかもしれませんね。